【子供相談窓口】東京都などの各自治体が専用の相談窓口を開設。独りで悩まないで!LINEなら気軽に相談できるよ!

2学期が始まる前は、不安になる子は多いはず。自分自身が苦しい、お兄ちゃん、お姉ちゃん、弟や妹の様子がおかしいと想ったら、今すぐLINEで相談を!詳細はこちら!

スポンサーリンク

ニュースの概要

8月下旬は自殺が最多「子ども相談窓口」開設相次ぐ

2学期が始まる前の8月下旬は子どもたちの自殺が最も多いことから、東京都などの各自治体はこの時期に合わせてLINEなどを通じた専用の相談窓口を開設しています。

自殺総合対策推進センターの最新の調査によりますと、2015年度までの10年間に自殺した小学生から高校生までの合わせて3209人の死亡時期は、8月下旬が153人で最も多かったということです。

この時期に合わせて、多くの自治体がLINEなどによる相談窓口を設置しています。学校で配られたカードからQRコードを読み取って登録するなどしてアクセスできるということです。

東京都でも高校生を対象にした相談窓口が25日夕方から開設されます。担当者は「一人で抱え込まず、気軽に連絡してほしい」としています。

引用:テレ朝news

なぜ2学期が嫌で自殺するのか?

私も学生の頃は、2学期に学校に行くのが嫌でした。理由は、もっと遊びたい…そんな理由なら、全然問題ないのですが。

本当に2学期に学校に行くのが嫌で、自殺を考えている子はどんな悩みなのか?を調べてみました。

自殺したいです。 夏休み前から不登校です。

<ID非公開さん>

自殺したいです。
夏休み前から不登校です。親にはしっかり説明して一緒に頑張ろうと言ってくれました。

ですが最近様子が変です。協力しようとしてくれません。自分が悪いのは知っています。で

も泣いたら怒られます。自然に涙が出てくると言っても信用してくれません。

前にも1度自殺しようと包丁を持ちました。でも勇気が出ませんでした。

今日、学校に来てくれと言われたので準備をしていましたが、やはりしんどくなり、泣いてしましました。すると今までにないぐらい怒られました。

顔も見たくないから出ていけとも言われました。辛いです。今度こそ自殺しようと思います。

私はすぐにネガティブに考えてしまいます。ですが今回はポジティブに考えても結局自殺になってしまいます。苦しいです。助けてくれる人もいません。

本当は自殺なんてしたくないです。助けてください。

<回答:ベストアンサー>

その時の辛さって、人との比較じゃないですよね。その時は自分が一番苦しいですよね。

あなたの苦しみに比べれば些細なことだと思うんですけど、私もこの数ヶ月苦しくて苦しくて、最終的には発作的に家を飛び出し、某自殺の名所で下見をしているところを、捜索願いを受けた警察に保護されて、昨日帰ってきました。

仕事もあるんでしょうけど、私1人を10人以上のおまわりさんが取り囲み、パトカーの中、取調室?、いろんなことで私に考え直すように話してくれました。

もう死ぬタイミングなんかありません。結局1人では帰らせません、ということで遠くから兄弟が迎えにくるまで保護室?で1日、何もできず過ごしてました。
私はとりあえずやめます。原因は何も解決されてません。でもやめました。「死ぬ気になればなんでもできる」とも思いませんけど、もう少し生きようと思います。・・・続きあり

引用:ヤフー知恵袋

実は私の子供(中1 ♂)も、入学早々から友達とトラブルがあり、不登校ではありませんが、個室で毎日自主学習をしていました。(理由は、14人の生徒に裏切られたんです。)

もう、皆が信用出来ないそうです。顔も見たくないので、イオンや本屋、スーパーなどでも、同級生に会うから嫌と言って行きません。

ようやく、教育委員会より転校の許可(就学校変更許可書)が下りました。今の学校は1学年140人ですが、次の学校は1学年24人です。田舎の学校で、生徒もいい人ばかりそうなので早く学校へ行きたいと言っています。(来週からですが、待ちきれない、部活もやりたいと張り切っています)

どういう理由か分りませんが、環境を変えるのも一つの手かと想います。

ただ、転校準備ですごいお金がかかりました。まあ、楽しんで学校に行ってくれるなら、それでいいですが。

スポンサーリンク

自殺したいです。

<ID非公開さん>

自殺したいです。

この夏休み(といっても1週間もありませんが)のうちに、自殺しようかと思います。

2年ほど前から計画していたせいもあり、今更頑張って生きようったって
色々出来ない事が増えてしまっているので、立て直すのも無理かなと。
(勉強を忘れていたり、人が知ってて当たり前の細かいことを忘れていたり…etc)

今中3なので、立て直す時間もなければ余裕もありません、もう無理です。
家族は「今の成績だと志望校にも余裕で受かるから死ぬな」と言いますが、
きっと、いざ試験となると足りないものがボロボロ出てくるので無理かと。

前置きがダラダラしててすいません。
本題です。
自分が死ぬと最低200万は後々必要となります。
家族にそんなお金払わせたくないです。・・・続きあり

<回答:ベストアンサー>

きっと君はとても聡明な生徒なのでしょうね。
君の書いている文章を読むと、とても頭の良い人なのだと分かります。
けれど君は知能指数は高いけれども、いかんせん若すぎて知恵も経験も無い。
社会や人生そのものを見渡す視野も無い。

現代の日本に暮らしていると、受験が全ての様な錯覚に陥りやすいと思う。
特に子供の教育に情熱を持った親を持つと、その情熱が正しい方向なら良いけれど、歪んだ方向に向いていた場合は悲惨な事になる。

君のご両親を知っている訳では無いから、その辺は立ち入りません。
でも自分の子供が自殺したいと思っている事を知って、冷静でいられる親はいません。
君がこの世に産まれ出て来てから、ここまで育てた君のご両親の気持ちを想像する事が出来ますか?

君は自殺後の金銭的な心配をしているけれど、そんな事は些細な事です。
ご両親にとって君が自殺するという事は、君がご両親を不幸のどん底に突き落とすという事です。勿論その2百万のお金の心配からではありませんよ。君という掛けがえの無い存在を失うからです。・・・続きあり

引用:ヤフー知恵袋

確かに気持ちは、分りますが死んだら終わりです。私は管理職ですが、学歴だけが全てではないと想います。

いくら、いい大学出ていても仕事で使えない新入社員が多いです。なので、総務部には高卒でいいから、使える人間が欲しいといつも言っています。

ちなみに私は、大学なんて行ってませんが、いい大学を出た人(年齢の近い人)より沢山の給料をもらっていますよ!

つまり学歴より、やる気と健康ですかね。それだけあれば十分です。笑

ベストアンサーの方が、素晴らしい回答をしてくれていますので、私は言うことありません!

2016年の自殺の統計について

・小/中/高の割合

小学生 12人
中学生 93人
高校生 215人
合計 320人

警視庁統計による

これを見ると、年齢が高くなるほと自殺者が多くなっています。

また男女の割合では、男子が2/3を占めている。

・自殺の原因

学業不振 36.3%
家庭問題 23.4%
健康問題 19.7%
いじめ 1.9%

警視庁統計による

先ほどの事例でもあったように、勉強で苦しんで自殺する子が多いということです。家庭問題は親子関係の不和、健康問題では、うつ病も原因の一つです。

・全体の自殺者数について

これは、大人も合わせた全体の自殺者人数になります。

引用:減らない子どもの自殺 昨年、小中高生320人

このグラフでも分るように、年を取るほど自殺者が多くなっていますね。

2016年だと、全体の自殺者は21,000人くらいでしょうか?この内の320人が18歳未満となります。

スポンサーリンク

なぜ年を取るほど自殺者が増えるのか?

ちょっと、まとめ的なお話になります。

既に分る方も居るかと思いますが、年を取るにつれてメンタルが弱くなるのではないかと想います。(多少、性格的な問題もあるかと想いますが…)

私も49年間生きて分りました。

昔に耐えれたことが、年を取るにつれて耐えられなくなるのです。

例えば、私の事例ですが。

内   容 昔(10代20代) 現在(50手前)
同僚からの無視 平気 精神的に耐えれない
上司から怒られる すぐ忘れる 何日も引きずる(残る)
仕事量が多い 平気 頭がパニックになる

ほんの一部です。

特に最近は、自分でもうつ病じゃない?というくらい頭がふらついたり、苦しいこともあります。

よく最近想うのは、昔はこれくらいは、何ともなかったのに… です。

ちょっとした事で、精神的にしんどくなる。(体調不良)

学生さんにして見れば、おいおい、年を取るともっと辛くなるのかよ?と思われるかも知れませんね。汗

だから、相談なんですよ!

悩みなんて、相談すれば解決出来ることも多いし、人に話すことにより、スッキリするんですよ。

仕事の上でも報・連・相(報告・連絡・相談)が大事なんです。

つまり今、辛いならまず、相談してください。死ぬ必要などありません。

絶対、独りで考えこんじゃダメです。

相談窓口はこちら!

厚生労働省

文部科学省

ヤフー知恵袋

ネットの反応

・思いを話せるっていうのがとてもいいと思います。
自分だけでこもってしまって箱に入ってしまっては死の選択してしまう可能性が多いけど、自分から解放できる箱を見つけられるよう、もっと増やしてください。

引用:テレ朝news

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする