【スズキ自動車・検査データ改ざん】二酸化炭素の排出量を少なく書き換えていたことが発覚!

国内3つの工場で、二酸化炭素の排出量を実際より少なく書き換えるなど、2,737台でデータを改ざんしていたことが発覚したという。

スポンサーリンク

ニュースの概要

日産に続いて、スズキも不正で謝罪。
スズキ・鈴木俊宏社長は、「誠に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

スズキは26日夕方、燃費や排ガスの検査を不適切に行っていた問題で、検査データの改ざんもあったと発表した。

8月には、改ざんはないと説明していたが、2009年以降、国内3つの工場で、二酸化炭素の排出量を実際より少なく書き換えるなど、2,737台でデータを改ざんしていたことが発覚したという。

不適切な検査が行われた車両の台数は、6,883台にのぼる。

一方、日産自動車も、検査データの改ざん問題で、人員不足や完成検査を軽視する風潮があったなどとする報告書を国土交通省に提出した。

引用:FNN

該当する車種は?

検査データ改ざんがあったという事実。もし、自分がスズキの車を乗っていたら、気になりますよね?私は、ホンダの車に乗っていますが、私の母は、スズキの軽自動車に乗っています。

購入して5年くらいだったと思うので、今回の改ざんの対象車だと思われます。自分の車が検査に不合格だったとすれば、これは許せませんね。

もちろん、対象車種ではないかも知れません。車はアルトですが…

だったら対象車種の公開をして欲しいです。

なぜ発表しない?

実は、発表自体はスズキ自動車が発表した訳ではなく、国土交通省が発表したからです。

今後は、スズキ自動車から正式に発表され、その時に詳しい該当車種の発表があります。

スポンサーリンク

このニュースについて

車の検査の不正は、許せません。なぜなら、タクシードライバーやバスの運転手は、車で人の命を預かる仕事です。もちろん、私も毎日の送迎で家族の命を預かっています。

命に関わる道具だからこそ、しっかり検査をして欲しいです。たとえ排ガスだって、人や動物の命、いえ、地球の命にも関係します。

この問題は、日産自動車と同じように人材不足も考えられます。もの作りをしている以上、コストダウンはつきまといます。検査の簡素化も必要かと思いますが、ここはやってはダメですよね。

これを機会に、しっかり再発防止をしていただきたい。

ネットの反応

・スズキには真面目でいて欲しかった
偽術の日産と同じにならないでくれ

・もう驚きません。
まだ隠れてるでしょう?

・こんなの国交省の怠慢だろ。
新型式エンジンが出たら立ち会いのもと調べれば良いだけだろ?
年間何車種出てるんだよ。

・今頃、って感じでは印象悪いね。

引用:FNN

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする