【小学校職員不祥事】ストレスによるパチンコ代がヤバい!雨宮早苗容疑者が給食費や教材費700万円以上を着服!

給食費や教材費700万円以上を着服していたとみられる東京・練馬区の小学校の職員だった女が、警視庁に逮捕されました。

スポンサーリンク

事件の概要

詐欺の疑いで逮捕されたのは、練馬区の区立小学校の会計担当の元職員・雨宮早苗容疑者(51)で、おととし4月、校長の印鑑を無断で使い、区内の郵便局で現金350万円を不正に引き出した疑いが持たれています。

雨宮容疑者は2012年からおよそ4年間、勤務していた小学校と中学校で1人で会計を担当していて、警視庁は、校長が不在の間に給食費や教材費700万円以上を着服したとみています。

取り調べに対し、雨宮容疑者は容疑を認め、「家庭のストレスがあった。パチンコなどの遊興費にあてていた」と供述しているということです。

引用:JNN

区立の小学校について

練馬区には、67の小学校があります。どこの小学校かは、分りません。

スポンサーリンク

この事件について

今回の着服についての動機は、家庭内でのストレスということです。職場のストレスならまだ理解できますが、家庭のストレスというのは、一体何でしょうね?

仕事のストレスは誰もあるはず。しかし家に帰ってもストレスがあるようでは、ちょっと辛いですね。まるで安らぐ場所がない…

唯一ストレス発散出来るのがパチンコ屋だったのか?でも、パチンコも負けると、それもストレスになりますからね。けど、4年で700万円とは、驚きです。

さて、この事件の問題点です。

いつも思うのですが、なぜ4年もバレないのか?ということ。他には、

・校長印が無断で使えること

・事務職員は1人に任されている事

・チェック体制が出来ていない

ということが、挙げられます。

やはり一人に任せるというのが、一番ダメだと思います。恐らく通帳の確認も、一度もされてないんでしょう。

コメント欄にこんな事例も…

学校に毎に違うと思いますが、学校給食の監査をしたことがありますが、個人情報の壁があり、通帳は見せない、現金も見せない。
見せられるのは、収支報告書と業者の領収書のみ。それで印を押さなければならないのです。

学校毎に、おかしなルールがあるんですね。この事例じゃ、とても監査とは言えません。

なぜなら、通帳と収支報告が合ってるかは分りませんからね。

こういったチェック体制がダメなんです。

これを機に、そうならない仕組み作りをしていただきたい。

ネットの反応

・一度手を付けて味をしめると止まらないんだろうね。にしても、700万以上はやり過ぎだな。もう捕まるの覚悟でヤケ起こしたか?

・こちらの学校は、定期的な互審を行っていなかったのでしょうか?横領をした事務員は勿論悪いですが、届出印がすぐに取り出すことができ、複数で会計を管理していない校内環境にも問題があると感じました。

・一人で会計業務をやってると、「何でもできるじゃん」と思っちゃうよな・・・

・もちろんこの人は悪いが
チェックしてない、またチェックする仕組みのない
学校側にも責任はあると思いますけど…..

・これは校長もある程度処分を受けるべきだ。学校の先生や職員は真面目な人間は一体何人居るのか不安で仕方がない。

・学校の先生にも、再教育が必要だ。段階に応じ先生方も教育されるシステム等が有れば良いと思います。

・会計が一人だったら疑われるのも自分一人なのにどうしてそんなこと出来たんだろう。

・まずは返還させなきゃ。経理関係は1人でさせてはダメ。杜撰な管理体制なんですね。

引用:JNN

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする