拡散希望!!【しょうへいくんを救う会】兵庫県尼崎市の川崎翔平君の心臓移植のため募金活動に協力をお願いします。病状は悪化しています。

重い心臓病を患う1歳6ヵ月の男の子が、アメリカでの移植手術を目指しています。

スポンサーリンク

ニュースの概要

兵庫県尼崎市の川崎翔平君(1歳6ヵ月)は、母親の胎内にいた時から心臓に異常が見つかり、生まれたあとに「拡張型心筋症」の診断を受けました。

現在は2つの人工心臓を装着し、大阪府内で入院しています。両親らは、アメリカでの心臓移植のため募金活動を始めましたが、手術費用のうち1億5000万円分が、まだ足りていません。

病状は悪化しているということで、さらに寄付を呼びかけていくことにしています。

(「しょうへいくんを救う会」06-7710-3850 saveshohei.com)

引用:ABC

拡張型心筋症とは?

・心臓の筋肉が伸び薄くなることにより通常よりも大きくなってしまいます。このため血液を適切に全身に送ることができなくなってしまう病気です。

引用:medicalnote

自覚症状としては、息切れ、動悸、不整脈などが上げられます。

発症する年齢や性別については、子供から年寄り迄様々で、未だに原因不明の難病と言われています。

気になるのは、この病気の生存確率は、普段の生活習慣や治療内容によって様々ですが、発症しても20年は治療を受けながら入退院を繰り返しながら、生活している方もおられます。

スポンサーリンク

このニュースについて

生まれながらにして、心臓の病気で早期に心臓移植をしないと、生きられない子供たちもいます。

私は、そういう子供がいれば、つい応援したくなるんです。

埼玉県のりくくんも応援しています!

りくくんの募金も、目標まであと1,700万円です。何とか年内に渡米して欲しかったのですが、まだ足りません…

http://riku-kun.com/

こちらも、ご協力をお願いします。

尼崎市の川崎翔平君の募金も、いろいろなところで活動をされています。私は同じ県内でもネット募金での参加となりますが、もし、協力できる方がありましたら、少しでも結構ですので、よろしくお願いします。

どうか、翔平君とりくくんが早く心臓移植が出来ますように…

ネットの反応

・海外での手術に、規制がかかりつつあるから
日本で手術できれば、いいんだか
日本人は、脳死を死とは考えないから
難しいよね!

・日本でも手術ができるよに法の改正が必要かと思います。

・本来の医療以前に募金の事で色々な意見でもめないように、早く国内で移植できる法整備、仕組みづくりをして欲しい。

・自分の子供が少しでも助かる方法があるんであれば何でもしたいのが親だと思います。
我が子の命はたった一つです。
募金、集まるといいですね^ ^
少ないですが募金させて頂きました。

・国内で臓器移植ができたら、ご家族もその事を望んでいたんだと思います。もっと臓器移植の現状をたくさんの人に知ってもらいたい。そしてドナー登録も。

・同じ親として何とかしてあげたい。が雀の涙ほどしか手助けできません。。
どうか寄付が集まりますよう祈ってます

引用:ABC

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする