【宮本茶屋・罰金2600万円】宇都宮タツ子被告は、たこ焼き店で1億3000万円の脱税!もう営業させません!脱税の言い訳とは?

3年間で、「3億3000万円」ほどあった所得を申告せず、「約1億3000万円」を脱税した罪に問われています。

スポンサーリンク

ニュースの概要

1億円以上を脱税していたとして所得税法違反の罪に問われた大阪城公園のたこ焼き店経営の女に対し、大阪地方裁判所は高額の罰金刑を含む有罪判決を言い渡しました。

宇都宮タツ子被告(72)は大阪城公園でたこ焼き店「宮本茶屋」を経営し、おととしまでの3年間で、「3億3000万円」ほどあった所得を申告せず、「約1億3000万円」を脱税した罪に問われています。

宇都宮被告は、すでに脱税分を納めていて、裁判でも起訴内容を認めていました。

12日の判決で大阪地裁は「脱税額が高額で結果は重大」として懲役1年・執行猶予3年と罰金2600万円を言い渡しました。

その上で、裁判長は宇都宮被告に対し「みんな税金を払っています。『納め方が分からなかった』は言い訳にならないですから、当たり前のことをやってください」と諭しました。

引用:カンテレ

たこ焼き店について

場所は、大阪城の敷地内ということです。

引用:JIJI.COM

スポンサーリンク

このニュースについて

2014年から3年間の売上げが5億8000万円で、所得が3億3000万円、納税額は1億3000万円です。

しかし、脱税したツケは大きかった。既に税金を納めたということですが、脱税の場合はペナルティが課せられます。私は税については詳しくありませんが、無申告加算税だと15~20%で、重加算税だと40%です。その上、罰金ですから…

絶対に、脱税は出来ませんね。

また言い訳が…

「納め方が分らなかった」って、さすがにこの言い訳は、通用しませんね。税理士や税務署に相談していれば、罰金なんて払わずに済んだのに…

もちろん、営業も続けることは出来たかも知れませんが、土地所有の豊国神社は、もう営業はさせない!と言っています。

たこ焼き屋は、儲かる!

たこ焼き屋って、以外と儲かるんですね。ちょっとビックリです。

場所も一等地で、外国人にも好評だったそうです。

3年間の売上げは、5億8000万円で、たこ焼きは8個入りで1皿600円です。

ということは???

3年で売ったたこ焼きの数 966,666皿
1日に何皿売った? 882皿
1日の売上げは? 529,000円

1日882皿ということは、ありえません。もちろんたこ焼き以外にも、ジュースやホットドックやお菓子も売っていたと思うので、882皿は参考程度です。

ネットの反応

・たこ焼き屋って儲かるんだなと感心した。
仕入れ調べれば大体の利益とかすぐバレそうなのに、商売はうまかったけどその辺はダメだったんだな

・罰金2,600万円請求されるんだったら素直に納税しておけば良かったのにね。やっちゃったね、お婆ちゃん。

・氷山の一角でしょ…

・でも税金て高過ぎないか? 4割も取られるの?

・確かに脱税なんだけどさぁ、売上規模の小さな屋台のたこ焼きだって、きちんと税金払ってるか疑わしい。

・それでも手元に1億円以上残ってるなんて超羨ましい。

引用:ホウドウキョク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする