【タイガーマスク・伊達直人】クリスマスになれば、各地で伊達直人さんからプレゼント!なぜ伊達直人を名乗る!?伊達直人は何人いる!?

漫画「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」を名乗る匿名の人物から現金8万円が、滋賀県立小児保健医療センターに届いた。

スポンサーリンク

ニュースの概要

同センターは「差出人は思い当たらない」というが、25日のクリスマスを前に、思いがけないプレゼントに感謝している。

現金書留で18日に届いた。封筒の差出人は空欄で、新札の1万円札8枚と「クリスマス会は終わったかもしれませんが、入院しながら学校に行かれている子供たちの笑顔が忘れられず、入院されている皆さんにプレゼントをお渡しください。伊達直人」

などと印刷した紙が入っていた。「右京」の消印があり、京都市右京区から送られたと見られる。

全国各地で「伊達直人」を名乗る寄付が相次いでいるが、同センターに届いたのは初めて。センターには現在約90人の子供が入院しており、子供たちが喜ぶ使い道を検討し、ホームページで報告する方針。

引用:毎日新聞

タイガーマスクとは?

タイガーマスクのアニメが始まったのは、1969年です。もう半世紀が経つんですね…

今の若い世代に「タイガーマスクのアニメ」って知ってる?言っても、恐らく知らないでしょう。

引用:東宝チャンネル

私も、小さい頃に見た記憶があるだけで、ハッキリとは覚えていません。施設の子供たちに、自分がタイガーマスクだということを隠している。ということは覚えています。

原作 梶原一騎、辻なおき
アニメーション制作 東映動画
放送局 日本テレビ系列
放送期間 1969年10月2日 – 1971年9月30日
放送話数 全 105 話

あらすじ

梶原一騎原作の一世を風靡したスポ根アニメの代表作。秘密組織・虎の穴出身で“黄色い悪魔”と呼ばれた悪役レスラー・タイガーマスクが、自分が育った孤児院を守るために虎の穴を裏切ったことから命を狙われ次々と襲いかかる刺客と戦う。タイガーマスク=伊達直人が孤児や恵まれない人達のために身を捧げるという作品のテーマ、敵レスラーの魅力溢れ描き方や、ちびっこハウスの世話役ルリ子とのほのかな恋愛など人間ドラマとしても一級の作品。

引用:東宝チャンネル

こんなストーリーだったんですね。知らなかった…

確か、最終話は子供たちにバレたんだったかな???

スポンサーリンク

なぜ伊達直人を名乗る人が多くなった?

2010年12月25日、「伊達直人」を名乗る30代のサラリーマンの男性から、群馬県中央児童相談所へランドセル10個が送られたことを皮切りに、2011年1月1日には神奈川県小田原児童相談所にも同人物名義で寄付が行われるなど、全国各地の児童養護施設へ複数存在すると思われる「伊達直人」からの寄付行為が相次いだ。これらの寄付行為は、寄付者の名義である「伊達直人」が、漫画「タイガーマスク」の主人公で、自らが育った孤児院へ素性を隠して寄付をする人物と同名であることから、「タイガーマスク運動」と呼ばれるようになった。また、この寄付行為は全国で相次いだ現象と見做して「タイガーマスク現象」と呼ぶこともある

引用:wikipedia

実は、この伊達直人さんの人物を特定しました。知っている方は知っていると思いますが…

この方は、群馬県在住の河村正剛さんという方です。

この河村さんも、幼少のころはランドセルが買ってもらえず手提げで通学された経験があるようです。

なので、自分と同じ思いはして欲しくないということで、ランドセルを贈られたと思います。

「子供は虐待されるためではなく抱きしめられるため、涙を流すためではなく周囲を笑顔にするために生まれてきた。すこやかに成長してほしい」と話した。

引用:sankei.com

いやあ~素晴らしいです!

私も、こんな人になりたいです。

また、逆にこんな話もあるんですよ

大病の「伊達直人」を激励

漫画「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」を名乗り、兵庫県西播磨の児童養護施設にクリスマスケーキなどを贈ってきた男性が大病を患って入院した。そのことを知った施設の子どもたちから男性の元へ、激励の寄せ書きが届いた。「いつもケーキをありがとう」「お体を大切に」「ゆっくり休んで元気になって」…。感謝と励ましの言葉が並ぶ。

引用:神戸新聞

この施設の子供たちも、きっといい大人になってくれるものと信じています。

一時期は、「タイガーマスク現象」が流行りましたが、このようないいことは、どんどん広めて欲しいです。

心がしなやかになれば、犯罪も減ることでしょう。

全国の伊達直人さん、これからも、子供達に夢と勇気をお願いします!

そのうち私も、伊達直人になるぞ!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする