【とべ動物園】飼育員がゾウに踏まれたか!? ベテラン飼育員がなぜ!? 肋骨などを折る重傷…

愛媛県の動物園で飼育員がゾウと接触する事故があり、飼育員が肋骨を折るなどの重傷を負った。

概 要

10日午前10時25分頃、愛媛県立とべ動物園のアフリカゾウ舎で

男性飼育員がうずくまっているのを別の飼育員が見つけた。

男性飼育員は病院へ搬送されたが肋骨と左肩を骨折しているほか、

腹部圧迫による内臓損傷の疑いもあるという。

男性飼育員は10年以上のゾウの飼育暦があり、

この日は3頭いるメスのアフリカゾウを別の運動場に移す作業を

1人で行なっていた。

動物園ではケガの状況などから作業中にゾウに踏まれるか

蹴られた可能性があるとみている。

事故を受け、とべ動物園は臨時休園の措置をとったが、

再開のめどは立っていない。

田村千明園長は「安全管理を徹底して再発防止を図りたい」と

している。

引用:NNN

事故があった場所について

地図にて確認しました。

愛媛県立とべ動物園のアフリカゾウ舎です。

公式サイト:https://www.tobezoo.com/

この事故について

今回、事故に遭われた飼育員の方は、33歳で10年以上のベテラン

ということです。

恐らく入園されて、すぐにアフリカゾウの飼育員になられたんでしょうか?

この動物園には、3頭のアフィリカゾウがいます。

その3頭のゾウの中のメスで12歳の姫(ひめ)重さは2トンに、踏まれたのか?

蹴られたか?ということです。

特に3頭の中でも、この姫だけは移動が苦手だそうです。

いくらベテランとは言え、相手は大きな動物です。やはり移動時は二人作業に

して欲しいです。人手不足や経費節減もありますが、ここは安全が優先だと

思います。

今のところ、開園のメドが立っていないということですから、ゾウの飼育員は

一人しか居なかったのだろうか?

しかし、飼育員の方も、さぞ痛かっただろうと思います。

2トンですから、単純に1つの足に500kgかかっている?計算になります。

今回、なぜこんな事故が起きてしまったのか?しっかり原因を追及して

再発防止をしていただきたい。

飼育員の方が早く回復されますよに!そして、また、楽しみにしている

子供たちの為にも、ゾウと一緒に元気な姿を見せてください。

ネットの反応

・ベテランでもこんな事故あるんだね。タイに旅行行った時に像の下をくぐったの思い出したわ。大事に至らなければ良いけどね。

・ゾウに悪気はなかったと思うが やはり飼育員に油断はあったと思う

・ベテランの飼育員らしいけど、一体何故?
原因が知りたい。

・前もライオンの事故があって、再発防止とか言ってたが、なぜまた1人でやるの?全然
再発防止なってねーやん

・飼育員さんもかわいそうだか、象もかわいそう。

引用:NNN

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする