【北海道苫小牧市】井上妙子容疑者が88歳男性から970万円盗む!その手口とは?顔画像も公開。

そんなことして、お年寄りからお金を盗むなんて、非常にけしからん!

スポンサーリンク

北海道苫小牧市で88歳の男性に睡眠薬を飲ませて眠り込んだ隙に現金970万円を奪ったとして、40歳の女が逮捕されました。

昏睡(こんすい)強盗の疑いで逮捕・送検されたのは苫小牧市の無職・井上妙子容疑者です。井上容疑者は先月28日から29日にかけて、同じ町内に住む88歳の男性の家で男性に睡眠薬を飲ませて昏睡状態にさせたうえで、現金970万円を奪った疑いが持たれています。

井上容疑者は警察の調べに対し、容疑を認めています。井上容疑者と男性は以前から顔見知りだったということで、警察は犯行の動機や睡眠薬の入手経路などを詳しく調べています。

引用:テレ朝news

井上容疑者について

名前:井上妙子

年齢:40歳

住所:北海道苫小牧市明徳町

職業:無職

顔画像

引用:テレ朝news

facebookで情報を検索してみましたが、特定できませんでした。

参考までに → 井上妙子

事件のあった場所(住所)について

地図にて確認しました。

苫小牧市の人口

年齢層 人口(人) 割合(%)
15歳未満 22,000 13
16歳~64歳 102,000 60
65歳以上 47,000 27

どこの地区でもですが、やはりお年寄りが多くなってきていますので、このようなお年寄りがターゲットとなる犯罪が今後も多くなってくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

今回の事件について

今回のような、弱いお年寄りを狙っての犯行は許されません。(まあ年齢に関係なくですが)

最近では、殺害して金品を奪う事件も多いですが、今回は睡眠薬で済んでよかったと思います。

この事件の問題点としては、そもそも88歳のお年寄り(一人暮らしなのか?)が自宅に970万円を、置いておくのが問題です。また、お金を持っていることを、知人に喋る(井上容疑者)のもダメです。

けど、いつ何が起こるか分らないので、手元にお金を持っていたいのかなと思います。けど、銀行に都度、おろしに行けばいいこと。

そこで、明徳町の銀行を調べてみましたが1店舗(室蘭信用金庫)しかありません。ATMの数は分りませんが、自宅から遠いのかも知れません。

でも、そうならない為には手元に大金を持たないのが一番です。睡眠薬で寝てしまうと、銀行にも行けませんからね。

けど、私の親もですが、カードのパスワードを忘れたり、通帳や印鑑の置いている所も忘れてしまうんですよ。笑

そこは、親族で管理してあげましょう。

ネットの反応

・たくさん現金持ってる爺さんだな 人にしゃべっちゃ駄目だよ

・目が覚めたらバレると思わなかったのか。もしかすると致死量間違えたともおもわれる。

・近所に88歳のおじいちゃんがいて、家に自由に入れる。家には970万円の現金が置かれている。 →→→ さあ、どうやったら自分の物にできるだろう?
って、正直一度は考えちゃうよな。

・現金970万円

自宅に置いておくなよ…大金を!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする