速報!【トヨタ自動車】上郷工場で”頭部が機械に挟まれ”柴田法明さんが亡くなられました。

9月16日の午後4時50分ごろ、愛知県豊田市大成町のトヨタ自動車上郷工場で、「男性の頭部が機械に挟まれた」と119番通報があった。

続報(第二報)は、こちら!

スポンサーリンク

事故の概要

16日夕方、愛知県のトヨタ自動車の工場で作業事故があり、機械の移設作業をしていた男性1人が死亡した。

警察によると、豊田市にあるトヨタ自動車・上郷工場で16日午後4時50分ごろ、「一緒に作業していた男性が機械に頭を挟まれた」と119番通報があった。

工場では、当時、エンジン部品を製造する機械を別の工場へ移設する作業を行っていて、その移設作業中にジャッキで持ち上げた機械がバランスを崩して倒れ、作業員が下敷きになったという。

この事故で、移設作業を行っていた愛知県岡崎市の会社員・柴田法明さん(67)が病院に搬送されたが、頭を機械に挟まれたことにより死亡した。

警察は、事故が起きた原因や当時の詳しい状況を調べている。

引用:NNN

亡くなられた方について

名前:柴田法明さん

年齢:67歳

職業:会社員

事故があった場所について

地図にて調べてみました。

さすが、世界のトヨタ、凄く大きな工場です。周りにも関係する会社も多いです。

スポンサーリンク

上郷工場について

生産開始年月 昭和40年9月
敷地面積 87万m2
事業内容 主にエンジンの生産
生産実績 111万9,000基
従業員数 3,084人

工場の大きさだけでなく、従業員の人数も凄いです。

今回の事故について

私は、トヨタファンだけにビックリしました。トヨタの管理や、そのシステムなどは素晴らしいと聞いています。あのトヨタでなぜ、労災がと思っていました。

そして、調べてみるとトヨタの社員ではないみたいです。

詳しいことは分りませんが、この時期はモデルチェンジでラインの変更があったのでしょうか?機械運搬の従業員ということです。

まだ、情報収集の段階ですので情報が入り次第追記していきます。

ネットの反応

・トヨタ工場で死亡事故!と驚いたが、外部の機械運搬の業者さんてすね。
60代とのこと、ご冥福をお祈りします。
しかし、書き方ひとつで印象がずいぶんと変わるものだ。
見出しでトヨタ従業員の業務事故かと思った。

引用:朝日新聞

・クルマ工場で死亡事故はよくあります
どこの会社も未然に防ぐ事に努力してますが
それでも起こります

引用:朝日新聞

・やはりいつ何が起こるか分からないな。
生活は違っても他人事ではないと思う。
ご冥福をお祈り致します。

引用:朝日新聞

・そういう危険が伴う場所では安全管理や作業手順とか厳しくされてるはずなんだろうけど、人間慣れたりするとどうしても気づかないうちに手を抜いちゃうんだよなー

引用:朝日新聞

・発注段階で資材が工数カットや納期短縮を強要するからこうなる
犠牲になるのはいつも下請け孫請け

引用:朝日新聞

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. トヨタしね より:

    さすが、下請けいじめのTOYOTAさん。
    工事まるなげ!で、安全衛生が保護具チェックだの、工事看板チェックだのグダグタいう割りには、肝心な部分が抜けてて間抜けだね!!!(笑)

    あんたら馬鹿なんじゃん。同じこと繰り返して。
    下請けいじめして、予算削って、土日で完了させろってか!!はよ潰れてくれ。

    • 経験者 より:

      トヨタを無意味に批判されている無知なか方がいらっしゃいますが、事故の概要は「設備機械のジャッキアップ時にバランスを崩した」です。これは移設業者は絶えず行っている工程です。
      ジャッキアップの場所、地切り時の安定確認、移動時に機械から離れる。
      この辺は基本中の基本なので、作業責任者のルール周知の徹底が甘かった可能性もあります。
      また完全にルールを遵守していても不慮の事故の可能性はゼロにはなりません。
      その万が一の為に保険なども徹底されています。

  2. マスごみ撲滅 より:

    トヨタ社員のじゃなかったらいいのか?
    どんな会社であれ 事故を出してしまった会社は
    責任重大です‼
    今回起きた場所が トヨタの工場の中で起きた事故
    マスごみも 報道する以上 しっかり取材したはずなのに
    事故現場と事故を出した会社名を 聞き手が
    勘違いするような言い回しはしないでほしいなぁ!
    近年 そんな報道の仕方ばかりが多いと思いませんか?