【台風20号被害】えっ!信じられない。あんな物まで倒す20号、風速52.3m…あ~恐ろしい。詳細はこちら!

今回の台風20号の被害を、まとめてみました。主に西日本の状況です。

スポンサーリンク

台風20号の被害状況

引用:ANN NEWS

日本海を北上していた台風20号は、午後3時に温帯低気圧に変わり、今後、北海道に接近する見込みです。

「秋田港に来ています。午後2時を過ぎたところなんですが、30分ほど前から雨・風ともに強くなってきました」(記者)

温帯低気圧になっても非常に激しい雨が降るおそれがあり、引き続き、警戒が必要です。

引用:TBS NEWS

 台風20号が縦断した西日本では大雨による被害が。

三重と和歌山の県境を流れる熊野川が氾濫。周辺の住宅では床上浸水の被害も出ました。

「床の高さがこの辺まである。それがこれやから1メートルくらい」(浸水した家の住人)

 神戸市北区では、土砂崩れが発生しました。線路ののり面が崩れ落ち、現在も復旧の見通しが立っていないといいます。

 西日本を直撃した台風20号が各地に残した大きな爪痕。その特徴の1つが強風による被害です。兵庫県淡路島では信じられない出来事が。

「近くで見ると改めてかなり大きなものですね。かなり巨大な風車、およそ100トン以上あるということなんですね」(記者)

そこに横たわっていたのは、風力発電用の風車。高さおよそ60メートルの風車が根元から倒壊したのです。

スポンサーリンク

 兵庫県西宮市では、マンションの屋根の一部が強風で吹き飛ばされ、駐車場に停めてあった車を直撃。

三重県伊勢市では、観光名所の1つ、夫婦岩をつなぐしめ縄が流出してしまいました。

押しつぶされたように倒壊した神社。強風の影響で、ご神木が折れ、建物を直撃しました。

 各地で強風にあおられ、転倒する人が続出するなど、けが人も多数出ました。西日本の8地点で、最大瞬間風速40メートル以上を記録。和歌山市の友ヶ島では、なんと風速52.3メートルもの強風が吹き荒れました。

 今回被害が出たのは、台風による強風だけではありません。静岡県浜松市で発生したのは突風です。被害が出たのは住宅6棟で、瓦や外壁が壊れました。

 強風の影響は24日になって東京でも・・・

最大瞬間風速は20メートルを超えました。強風の影響で着陸しようとした飛行機も・・・

 函館では、徐々に雨足が強まっています。北海道は24日夜から25日にかけて、1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあり、警戒が必要です。

今回の台風20号について

私は、兵庫県北部に住んでいますが、楽しみにしていた地蔵祭り・花火大会が中止となりがっくりしています。

本日、屋台やイベントなしの花火大会だけ行われました。(花も大事ですが団子なので行ってませんが・・・笑)

昨日は、23時ごろから雨・風ともに強くなってきました。こちらは、全く被害はありませんでしたが、ニュースを見ていると、またかなりの被害があったようです。

淡路の風車は見たことありますが、あんな大きな物が倒れるって恐ろしいです。

各地で被害があったものの、比較的怪我人も少なく死者が出なくて良かったと思います。
復興、復旧に携わる方はくれぐれも二次被害に遭わないよう注意して作業にあたっていただけたらと思います。

ネットの反応

・こんな物まで倒してしまう
台風20号本当に恐ろしかったな。
家も揺れててたしかにこわかった…

・本当に60m迄耐えられる設計なのか疑問。きちんと調査して嘘ならば企業も含め公表し賠償させるべきだろ。

・なんか夏休みの自由工作を思わせる壊れ方だな。

引用:8カンテレ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする