【山形県・国道112号】交通事故で渡辺大登さんが死亡!! この車種は何? オレンジなのに追い越し車線の思い込みって!?

12日未明、山形県西川町の国道で、乗用車と大型トラックが正面衝突し、4人が死傷した。

概要

12日午前4時半ごろ、山形県西川町の国道112号で、

乗用車と大型トラックが正面衝突した。

対向車線にはみ出しトラックと衝突した乗用車は、

事故の衝撃でフロント部分が運転席まで押しつぶされている。

乗用車の大学生3人が病院に搬送され、このうち、

後部座席に乗っていた千葉県佐倉市の渡辺大登さん(21)が

頭を強く打ち死亡した。

また、運転していた埼玉県和光市の学生(20)と助手席の

東京都立川市の学生(20)が大けがをしたほか、

トラック運転手の男性も軽いけがをした。

警察の調べによると、乗用車が反対車線にはみ出し大型トラックと

正面衝突したという。

警察は、乗用車が追い越し車線と思い込んで車線を変更した

可能性があるとみて調べている。

引用:NNN

事故があった場所について

地図にて確認しました。

山形県西川町の国道112号ということです。

ニュースの動画から事故の場所は月山インターを
降りてすぐ一般道路と併用になる自動車専用道の
西川町側の志津トンネル手前だと思いますね。

亡くなられた方について

氏 名 渡辺大登(わたなべ ひろと) さん
年 齢 21
住 所 千葉県佐倉市
職 業 大学生

この事故について

今回の事故、かなり車が損傷しているので、スピードも

出ていたのでしょうか?

このニュースに3つの疑問があります。

まず最初に思ったのが、この車は何? です。

テールライトやフレームから見ると、ホンダのFITのようです。

3/13 訂正

コメントのご指摘の通り、日産のノートですね。

テールランプは似ているものの、ホイールとリアガラスは、

ノートですね。

失礼いたしました。訂正いたします。

日本の車は、衝撃を吸収してキャビンを守るような構造に

なっていると思います。なので、正面衝突なら、これくらいは

不思議ではないと思います。

次に、エッ!と思ったのは、映像では中央線がオレンジ色ですよね。

なのに乗用車が追い越し車線と思い込んで車線を変更した

可能性があるということです。

これは、いくら何でも間違えないと思いますが…

しかも、免許を取得して3年以内ですから、それくらいは知っているかと。

恐らく、無理な追い越しが原因なのか???

最後に思ったのが、運転席の2人は大けがで、亡くなられた大学生が

後部座席に座っていました。

前の席は、キャビンが壊れない限りシートベルトとエアバッグで守られます。

後部座席は前のシートがあるはずなのですが、恐らく後部座席の中央に座って

いたのでしょうか?

この場合、フロントまで飛ばされると思います。(シートベルト無しの場合)

後部座席は、まだシートベルトの定着がないとは思いますが、この事故を

見ると、やはり後部座席のシートベルトも必要です。

今回は、3人で久しぶりに会い、旅行に行くところだったのでしょうか?

楽しい時間の一時が、こんな事故になり、また若い命が亡くなったことで、

非常に残念に思います。

既に春休みなんでしょうか。これから気温も温かくなり出かけることも多く

なりますが、車の運転には十分注意をお願いします。

ご冥福をお祈りいたします。

ネットの反応

・何故、追い越し車線と勘違いするのか分からないけど、他人の命乗せている以上は無謀な運転にブレーキをかけれなかったのかな。

・あんなに潰れてるのに前席は怪我で後部座席が亡くなるのか…。
衝撃で吹っ飛ばされた訳じゃなく、頭部を強打したとあるがこれはシートベルトしていても同じ状況になったのかな?

・無理な追い越しの可能性が高い気がしますね。

将来ある若者の事故はとても残念です。
これを教習や更新教育に活かしてほしいです。

・「追い越し車線と勘違いした可能性がある」と言うのは、真夜中のあの現場なら有り得る事だと思った。

現場は寒河江市から鶴岡市に向かう高速道路の山形自動車道の月山ICを過ぎて1kmほど一般道の月山花笠ラインを進んだ志津トンネル手前の橋の上だと思う。

山形道の月山ICは料金所が無く、鶴岡方面に向かった場合、手前の西川本線料金所で精算するシステムなので、高速が終わって月山花笠ラインに入っても高速道路が続いているような錯覚に陥りやすい。

さらに月山IC先では山形道と月山花笠ラインを平面合流させるから一瞬片側二車線みたいな感じになるんだよね。

真夜中で周囲が全然見えない状況と地方の慣れない高速を走った後、という事を考慮すると、ひょっとして運転していた学生は片側二車線の高速道路と勘違いして前走車とかを抜きにかかったんじゃないかなぁ。

・春…免許取り立てシーズン。みんな気を付けよう。

・レンタカーかな。
シートベルトしてたら運命は変わってたかも。

・追い越し車線と思い込んでって報じてるけど
どうみてもオレンジラインなんですが

・この道たまに通るんですが、高速がそこだけ途切れていて、仕方なく一般道を走らないといけない区間があるのです。高速を走っている感覚で一般道を走っていたんでしょうね…。

・後部座席は1番安全なはずなのに死んだってことはシートベルトしてなかったんだろうな。

引用:NNN

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. はじめまして。
    現場を見る限り、黄色センターラインで普通なら追越車線だと誤認することは考えにくいですが、季節がら霜や降雪などで路面が見えにくくなっており、夜間であったことも災いしてセンターラインの色や、あるいはラインそのものの判別が困難であった可能性が高いと思われます。

    さて、事故車両の車種ですが、フィットではなくノートです。ダッシュボード中央の丸い吹き出し口が二つ並んでいるのはノートの特徴であり、フィットは矩形です。また、リアハッチやシフトノブまわりの形状もノートのものです。
    もともとノートはフィットの対抗車種として開発された経緯があり、互いにパッケージングがよく似ているため、ここまで大破すると両方に何度も乗車した経験があり、双方の細部の違いを認識している人間でないとわからないと思います。

    ちなみに、この事故車はグローブボックス内の装置と後部ハッチのシールから、タイムズレンタカーのカーシェアリングサービスの車両であると判断できます。私はこのサービスの会員であり、フィット、ノートともに多数配置されている人気車種であること、コンパクトで運転しやすく、荷物も多く積みこめることから、かつては双方ともにかなりの頻度で利用していました。
    ただ、どちらも車内がそれほど広くなく、長距離の運転は非常に疲れる上、特にノートは後席の作りが簡素で足元も狭く、事故時の安全性には不安があります。
    タイムズカーシェアではノートやフィットと同額でインプレッサ、カローラ、プレマシー、プリウス、バネット、デミオなど、より大きく車体の衝突安全性の高い車も利用できます。慣れない初心者の運転で車体が小さい方が運転しやすいと思ったのかもしれませんが、雪国での長距離運転には事故はつきものです。もし彼らがこれらの車種を利用していたなら、重傷は負っても死亡することはなかったかもしれません。
    狭い住宅地を走り回るのでないのなら、ある程度大きく重量のある車の方が運転時の疲労が溜まりにくく、実際インプレッサやカローラは大型であるにも関わらず、長距離ドライブでは非常に運転しやすい車です。今更後悔しても遅いですが、もし彼らがもっと大きく安全な車を予約していたら結果は違っていたのではないかと思うと、非常に複雑な気持ちになります。