訃報【大阪市】大和川で川に流され意識不明9歳の男の子が死亡しました。

行方が分からなくなった小学3年の男児(9)を捜したところ、約3時間後に数十メートル下流で発見。病院に搬送されたが、午後9時半に死亡した。

第一報は、こちら。

第二報は、こちら。

スポンサーリンク

続報の概要

23日午後4時15分ごろ、堺市堺区と大阪市住吉区の境界を流れる大和川の遠里小野(おりおの)橋付近で「子ども3人が流された」と通行人から110番通報があった。

大阪市消防局などによると、2人は周囲の人に救助されて命に別条はないが、行方が分からなくなった小学3年の男児(9)を捜したところ、約3時間後に数十メートル下流で発見。病院に搬送されたが、午後9時半に死亡した。

住吉署によると、大阪市内の同じ小学校に通う児童6人で、大和川へ遊びに来ていたという。このうち3人が流れに足をとられたとみられる。

付近へ川遊びに来ていた大阪市住吉区の中学2年と3年の男子生徒は午後4時半ごろ、「大丈夫か!」「仰向けになれ」と大人が叫ぶ声を聞いた。

大人2人がそれぞれ児童を抱えて川から救助していたという。男子生徒たちは「あそこは深い。大丈夫かなと2人で話していたところだった」と話した。

引用:朝日新聞

続報で分ったこと

同じ川に遊びに来ていた中学生が、「あそこは深い。大丈夫かなと2人で話していたところだった」 なぜ???見ていて危険と思ったら、注意をしてあげて欲しかった。

小学生なんて、どこが深いか浅いかなんて分んないんだよ…思ったら、すぐに実行しちゃうんだよ。

今回は、大人が救助に向かい2人が助かったが、本来は素人が助けに入るのも危険です。過去に助けに入って、多くの方が亡くなられています。

ここは、すみやかに119番して、プロに正確な位置を伝えるのが最優先です。

また、この事故を経験したことにより、他の男の子や学校の児童も川の怖さが分ったと思います。

もう二度と、同じ事故を繰り返さないで欲しいです。

今回、亡くなられた男の子のご冥福を、お祈りします。

ネットの反応

・非常に残念だが、運が悪かった。
小さい頃を思い返すと、下手をしたら死んでいたという状況がいくつもあったように思う。
子どもは危ないことをしてしまうものである。

そういう意味では、近くに遊びを見守る大人がいてもよいのだろうが、今の時代は警察に通報されてしまうため、なかなか他人が子どもの安全に配慮することは難しいのだろう。

・今年も川の事故は後を絶たず痛ましい。
でも事故が無くならないのは、子供にとって本能的に川が魅力的で楽しいからです。それなら経験を積んだ大人達が、ちゃんと川の楽しさと、恐ろしさを教えてあげて下さい。怖いから行くな!近寄るな!だけでは川の事故は無くなりません。

・小学校の頃、大和川に入って遊んでて足がぬかるみにはまって抜けなくなって怖い目に合った事があります。
浅くても、流れが緩やかでも、子供だけで川で遊んでは駄目だなと思いました。
子供にもしつこく教えなければ…。

・きっと、意識不明で発見されてから死亡確認された21:30頃まで心臓マッサージを続けられてたんじゃないかな。行方不明になって3時間後に発見だと、希望も薄かったと思うけど、本人も家族も医療関係者も最期までよく頑張ったと思う。ご冥福をお祈りします。

引用:朝日新聞

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする